エンタメ

小林麻耶のしくじり先生の内容は”八方美人の方”ならぜひ参考にしよう

Pocket

 2月22日のしくじり先生には「嫌いな女子アナウンサー第1位」に選ばれてしまった小林麻耶さんが登場します!内容はこれまでずっと八方美人だった人生について。

 10年以上かけてようやく気づけたことであり、自身がしくじり先生の告知動画で涙を流してしまったほどだといいます・・彼女の性格に似ている方はぜひ参考にしましょう!
  

【スポンサードリンク】


 
 

2月22日のしくじり先生の内容は小林麻耶アナの「八方美人」について

 2月22日のしくじり先生に登場する小林麻耶アナの代名詞といえば「ぶりっ子」で「八方美人」な性格。自分でもそれはよく認識しており、最近ではそれにちなんだ内容の”ぶりカマブルース”(ぶりっ子+カマトト)なる曲でもCDデビューしています。

 そんな彼女が八方美人な性格を作り上げた大きな原因の一つとなるのは、子供の頃の「引越し」にあります。小林麻耶さんは新潟県に生まれた後に、埼玉、兵庫、そして東京と、学生時代に「7度」もの引越しを繰り返しています。

すると、転校するたびに新しいクラスメイトと関係を作りなおさなければなりません。その場合、一番良い方法はもちろん「周りに合わせること」。

 素の自分をさらけ出してしまうと、徐々に仲の良い友人関係が築けますが、反発を食らい”のけ者”にされてしまうリスクも出てきます。教室内は既にそのクラス特有のコミュニティが出来上がっているので、その場にそぐわない”角が立つ”ような内容の発言は軋轢を生む可能性があります。

 特に女性は”自分が安心できる空間に居たい”という本能が強く働くので、転校時に人当たりの良い「八方美人」というのは必須スキルです。なので、彼女は常にカワイイ笑顔で敵対心を感じさせない振る舞いになるのです。

 小林麻耶さんのようなのカワイ子ぶる仕草は男性には好きな方も多いです。それは生理的欲求として”かわいい、あるいは、けなげで弱々しい女性を守りたい”というところからきます。

 彼女の振る舞いを苦手な男性もいますが、実際にぶりっ子によって好感を持ってくれる男性が一定数以上いることから、彼女自身もその行動によってうまく立ち回れた成功体験があるために自動的に繰り返してしまうのです。実際に彼女は中学生時代からモテモテだったといいます。

 しかし、このような性格は世間的には女性に嫌われる傾向が大きいです。まず、彼女のように美人な風貌の場合、それだけで既にムカつかれます。女子同士の「見た目」に関する比較は熾烈で、争いが起きないよう見た目が似た者同士がグループを作るケースが多いです。

 実際に私の通った学校でも、モデルのように背の高くスタイルの良い子はそれが原因でイジメに合い、途中から登校拒否になっていました。さらにかわいい仕草や言動などで意図せずとも男性を虜にしてしまえば・・周りの女性も見ていて気に障るのも仕方のないことといえるかもしれません。
  

【スポンサードリンク】


  
 

「嫌いな女子アナウンサー第1位」が気づいたこと

 しかし、自らしくじり先生の教壇に立ち、これまでの生き方を悔いながらも、カラダに染み付いている「ブリッ子ポーズ」をやってしまっています‥人が変わるのは中々難しいようですね・・

 最後には、人目に振り回されて世間に良い顔して大切にしなければならなかったことをないがしろにしてきたと告白。涙を流しながら語りました。人付き合いで一番大切にしなければならないことの内容ついて教えてくれます。

 小林麻耶アナほど八方美人になってしまう条件を満たす人は中々いないと思いますが、特に日本人であり、さらには女性であるならば軋轢を嫌うために陥ってしまいがち。

 ぜひとも彼女自身の体験に基づいた教訓内容を学んでいきたいですね!2月22日のしくじり先生をお見逃し無く!
  

【スポンサードリンク】


  

Pocket

 

ピックアップ記事

  1. 【危険!】液体入りスマホケースの液漏れで”化学熱傷”という火傷になる恐れあり。メーカーは医療費を出すものの‥
  2. 上海ディズニーランド開園!ツアー予約はJTBに期待しよう
  3. 【即効性あり!】二の腕ダイエット方法を短期間でマスターして”タプタプ振り袖”から卒業しよう

人気記事

PAGE TOP