ヘルス&ビューティ

【運動要らず!】8時間ダイエットで効果的に痩せない方は●●に注意してみて

Pocket

 食事制限が必要ないことで有名な”8時間ダイエット方法”。しかし、なかなか効果がでず「痩せない」とあきらめてしまう方も多いのが現状のようです。

 ただ、成功者の口コミを見てみると、共通点としてどうやら食事面で●●が大事なんだとか!(運動じゃないのでご安心を!)今回はポイントとなる摂取物や、このダイエット法の基本的なやり方について改めておさらいしていきましょう。

 

アメリカでブーム!”8時間ダイエット方法”の効果

 8時間ダイエット方法は現在アメリカで大ブームとなっています。その利点とは、特別な器具などが必要のないこと。やり方といしては、1日のうちの食事を摂取する時間を”8時間以内におさめるだけ”という非常にカンタンなもの。つまり、残りの16時間は何も食べない、”断食”状態になるということです。

 人間の体内では食べ物を口の中に入れてから消化・排泄までの時間がおよそ16時間といわれています。そのため、朝起きてから1日3食たべるならば、夜8時に夕食を食べ終わったとして、翌朝7時に朝食をとり始める場合で計算すると13時間。

 内臓がまだ消化・排泄を終えていないのに強制的に次の食べ物が入ってくるため、排泄までの最後の段階で流れがストップ。このため、胃腸は休まる時間がありません。

 つまり、私たちが日頃から良しとされている食事のタイミングを続けていく場合、胃腸は死ぬまで1度も休むことがなくなってしまうのです・・・これはかなり恐ろしい。

 内臓を休めることにより、胃腸は代謝力がアップ。摂取したカロリーを効果的に燃やしてくれます。いわゆる”燃費の良い身体”になれるわけですね!

 一見大変そうなのですが、朝食を抜き、”お昼を最初の食事にする”というのが、世間との付き合いの摩擦を避けられるのでオススメ。始めは朝食抜きが苦しいかもしれませんが、1週間ほど我慢すれば人間の身体は適応できるようになるのでご安心ください。

 ただ、これを継続させてもやっぱり上手く痩せない方も多いよう。そこで、やっぱり自分には「運動が足りないんじゃないか?」と、ダイエット器具を買ったりランニングを行う方も出てきてしまうとのこと。しかし、結局長続きはせず・・運動が辛くなりついには8時間ダイエット自体を断念・・というパターンが多いらしいのです。

 

痩せない方は運動じゃなく●●に気をつけよう!

 8時間ダイエット方法で大事なのは”水分の取り方”!ダイエットの中で注目される「食事」「運動」とはちょっとベクトルが逸れるため意外に思われたかもしれませんが、成功者の方の意見では水分摂取は大きなポイントとなるようです。

 私も日頃からこの8時間ダイエット方法を実践していており、その効果は実感していたのですが、水分の取り方で効果が倍増とは知りませんでした!

 中でも、「コーヒー摂取」がよいとのこと。コーヒーにはカフェインが多く含まれており、交感神経を刺激。これによって血糖値が上昇するため、”食欲”に歯止めがかかります。8時間ダイエット方法の実践だけでも十分ですが、食べる総カロリーが減ればそれが効果に繋がることは誰の目にも明らかでしょう。

 続いてはお酒について。意外と水分だからといってお酒を侮ってたくさん飲む方は多く、これを控えた方がよいとのこと。これを水代わりにして飲む人も多いのだとか・・!お酒は糖質であり、糖質は依存性があります。

 ダイエット中ということで食べ物を減らしてもこれを飲み続けるとどんどん糖への依存が加速。炭水化物も糖分なので、ご飯の食べる量が知らず知らず増えてしまう可能性も高まります。飲み物だからと言って安心してはいけません!痩せないカラダを作るのに加担してしまうでしょう。

 
 普段心がけていることに加えて、以上のことを付け加えると、さらに成功率はアップします。

 冬は露出がなくなるので痩せないことは特に気にせず、ダイエットへの意識は低くなりがち。そして春にちょっと焦りだし、夏になるころにはすでに”手遅れ”というパターンは避けて行きたいですね!

Pocket

 
PAGE TOP