フード

バジルシードの効果と副作用を口コミで確認!健康志向の女子必見です!

Pocket

 国外のトップモデルやセレブも日頃の健康を目指し食生活に取り入れられている「バジルシード」。ダイエット効果や便器解消効果があるものの、認知度がまだまだ低いためその全容は未知数…副作用に関する口コミも以前あったのでここで確認しつつ、安全に使っていきましょう!

  

バジルシードの効果

 
 バジルシードとは、イタリア料理でよく見かけるバジルの葉の種のこと。スーパーの成城石井(最近ではコンビにも!)でよくドリンク剤が売られていますよね。ただ、そのビジュアルは衝撃的…!口コミでよよく言われている、もはや「カエルの卵」と言わんばかりの印象を誰もが受けるでしょう。ただ、そんな見た目とは裏腹にとってもヘルシーでダイエット効果はバツグンなのです!

・成分の内訳:炭水化物71%・たんぱく質:25%・資質4%
・カロリー:1gにつき1kcal

 主な主成分である炭水化物は「グルコマンナン」という食物繊維なのでOカロリー。
なので、便秘解消に打ってつけですね!

 脂質に関しては口コミから広がり現在大流行中の「オメガ3脂肪酸」で構成されています。ダイエット効果のあるDHAやEPAの元になるわけです。栄養バツグンの上に低カロリーのこの食材。使わないわけにはいかないでしょう!(ドリンクの場合はある程度かロリーがありますが、これはジュース自体の成分のカロリーがほとんどを占めています)通常であれば脂質を取ることは敬遠されがちですが、実は脂質も身体を構成する上での必須栄養素の一つ。どうせなら質の良いオメガ3で摂取したいものです。

 ちなみに食べ方はすごくカンタン!水でもどして食材に入れるだけなのです!シリアルフレークやサラダ、ヨーグルトなど、イメージ的にも朝食にちょい足しする感じでOKですね。忙しい方も手軽に栄養摂取できるまさにスーパーフードですね!(それすらめんどくさい方はドリンクを購入で笑)

 

【ちょっと注意!】副作用などの口コミもあり

 
 バジルシードの副作用に関しては、以前摂取したら「腹痛や下痢、便秘が起きた」という口コミがいくつか報告されていたことがありました。

 これにはこの食材に「吸水性」があることが関連しているといえます。本来バジルシードの食べ方と言えば「水に戻す」という手順が必須なのですが、これをやらずに手軽に摂取しようとそのまま食べてしまうとお腹の中の水分を吸水してしまいます。ただでさえ便秘がちの方はこのような間違いを起こしては危険ですので注意が必要ですね!

 下痢の副作用に関しては、食物繊維と水分が原因。便秘に効果的といわれる食物繊維でも、食べ過ぎてしまえばそれが祟ってお腹が緩くなってしまいます。毎日どのくらいの量を食べればお腹の調子がよくなるのか?と調整しながら自分に適した量を確かめていきたいですね。

 

 しかしながら、現在のところ業界から正式に副作用の危険に関しての報告は出ていません。副作用に関しては無いといっても、バジルシードが原因で身体に何らかの悪影響を起こす可能性はゼロではありません。たとえばこの食品の主な産地は「タイ・ミャンマーなどの東南アジア」。品質管理を疑うわけではありませんが、世界的に見てもトップレベルに品質管理を徹底している日本と比べるとそれよりレベルが高いとは考えにくいもの。

必要以上に健康リスクを考えても仕方のない話ですが、例えばamazonなどで購入する際に口コミ情報を確認しながら選んだ方がよいでしょう。

 ただ、ここで注意が必要な理由を象徴する1つの事例があります。それは、被害者はいなかったのものかつてタイ産のバジルシードから発がん性物質の「アフラトキシン」が含まれていたというもの。

 食品自体に含まれている成分ではないのですが、これは”カビ”の一種。保存状態が悪かったことから検出されたようです。アフラトキシンはこの食品以外の輸入品に含まれていることがあるようなので、食品輸入の際は”アフラトキシン検出済み表示”を確認してください。

Pocket

 

ピックアップ記事

  1. 【危険!】液体入りスマホケースの液漏れで”化学熱傷”という火傷になる恐れあり。メーカーは医療費を出すものの‥
  2. 上海ディズニーランド開園!ツアー予約はJTBに期待しよう
  3. 【即効性あり!】二の腕ダイエット方法を短期間でマスターして”タプタプ振り袖”から卒業しよう

人気記事

PAGE TOP