未分類

Dr.まあやのwikiプロフィールに見る、”男に頼らない生き方”の軌跡

Pocket

 脳外科医でありスタイリストとしても活躍するDr.まあやさん。その経歴が書かれたwikiプロフィールを覗けば、彼女がなぜ現在の地位を築いたのかを見ることができます。そこにはあるきっかけからストイックに己を磨く生き様がありました。
  

【スポンサードリンク】


  

Dr.まあやのwikiプロフィールによる経歴

 wikiプロフィールによると、Dr.まあやさんの本名は折居麻綾(おりいまあや)。1975年に東京都で生まれました。
身長は149センチで体重は102キロとぽっちゃりぎみです。

 Dr.まあやさんがなぜこのような経歴になったのかについては、幼少期のおばあちゃんからの一言が影響していたとのこと。

 中学1年生のある日、”お前はきっと結婚できないだろう”と彼女の将来について悲観的な言葉を放ったといいます。なぜそのようなことを言ったのかについては、「容姿」が原因。

 この言葉をキッカケに自分は「1人で生きていく」と決意し、食いっぱぐれのない職業の医者になることにしたのです。

 そして”岩手医科大学医学部”に入学します。卒業と同時に慶応大学外科学教室脳神経外科へと入局。脳外科医といえば、医者の中でも特に優秀な人物しか就くことできません。エリート街道まっしぐらとなりました。
  

【スポンサードリンク】


  
 しかし、医師になってから10年後、2010年になぜか日本外国語専門学校海外芸術大学に入学します。1年後にはセントラル・セント・マーチンアートアンドデザインカレッジへがあるイギリスへ留学。ファッションを学び始めるのです。

 帰国後は医者としても仕事を続けながら3年前に”Dr.まあやデザイン事務所”を設立し、多くの仕事を受注しているとのこと。

 
 wikiプロフィールによる経歴は以上になります。まさに圧倒的ですね。お金に関する悩みは皆無でしょう。

 現在は医師の仕事は「週2」で、残りの時間はファッションの仕事に勤しんでいるようです。ただ、残りの時間を全てファッションの仕事に費やしていることはないでしょう。生活にもゆとりがあると思われます。

 ちなみに結婚はやはりしておらず、これまで彼氏を作ったことすらなかったとのこと。これは”彼氏ができない”のではなく、作る気がさらさら無かったということでしょう。幼い頃の信念を貫いているといえます。

 恐らくは老後を何不自由なく暮らせる目途はたっているのでしょう。彼女ほどストイックにならなくても、私達も見習うべき姿勢ではあります。

 最近では共働きでも生活がギリギリの家庭も多く、これから日本円の価値が下がっていき、中流家庭が没落していくといいます。彼女の場合、図らずともこれからの時代にマッチする生き方の下地が出来上がっていたということですね。

 仮に結婚できたとしても、離婚してシングルマザーになる可能性は誰にでもあるし、女性であっても手に職をつけておくに越したことはありません。
  

【スポンサードリンク】


  

Pocket

 

ピックアップ記事

  1. 【危険!】液体入りスマホケースの液漏れで”化学熱傷”という火傷になる恐れあり。メーカーは医療費を出すものの‥
  2. 上海ディズニーランド開園!ツアー予約はJTBに期待しよう
  3. 【即効性あり!】二の腕ダイエット方法を短期間でマスターして”タプタプ振り袖”から卒業しよう

人気記事

PAGE TOP