エ ン タ メ

冨田真由(EYE)へのファンレターが「アイドル戦国時代」の危険を浮き彫りに

Pocket

アイドルグループ・元シークレットガールズのEYEこと冨田真由さん。明るい性格で人気のある彼女に送られたファンレターには恐ろしい内容のものがあったのです・・
 
<楽天市場>

 

元シークレットガールズ・EYEこと冨田真由へのファンレター

EYEこと冨田真由さんは1995.10.12生まれの現在20歳。大学に通いつつアイドルとして活動しており、東京都内で舞台やライブなどを行っています。

彼女が所属していたシークレットガールズは5人のメンバーからなるグループ。少女向けマンガ雑誌「ちゃお」による連続ドラマの企画をもとに結成されました。「アイドル」という肩書きを隠しながら学生生活を送り、夢や恋に奮闘するというコンセプトです。メンバーは以下の通り。

  • EYE:冨田真由
  • Bee:橋本楓
  • LiZ:伊藤祐奈
  • YAH:三橋奈波
  • MORN:朝日奈央
  •  

    ドラマのキャストとしての出演はもちろん、作中に登場する曲でのCDデビューやライブ活動も行われており、ワンマンライブもできるほどの人気もありました。

    シークレットガールズのEYEとしての活動を終え一昨年に事務所を退社し、現在は有限会社マージへと移籍。その後もファンとの交流も続いていました。

    しかし、その中で冨田真由さんへのツイッターに投稿されたファンレターが物騒だと話題になりました。

    2016/01/18
    ・ファンの男性Twitter開始、最初のツイートは冨田さんへのリプ
    「@tomitamayu楽しい時間をありがとー♪ 」

    2016/01/18 同日
    ・ファンの男性、冨田さんに渡した腕時計について脅迫めいた文言
    「@tomitamayu 腕時計をプレゼントする意味を知っていますか?大切に使ってくださいね(^^)」

    2016/01/22
    ・リプ返してくれない富田さんにファンの男性の態度が変わる
    「@tomitamayu 真由ちゃんがTwitterフォローしてよと言ったからフォローしてます。たまには返信してちょうだい(´;ω;`) でもまぁ、シカトされるのに慣れすぎちゃってひねくれちゃってるから、期待はしない。というのは嘘。なるべく節度あるコメントをしたいと思います。」

    2016/01/22
    ・富田さんが暗にファンの男性の粘着に意気消沈
    (他ツイート見る限りどうやらTwitter開始以前から粘着されていた模様)
    「明日は寒くなるみたいだね。雪かなぁ。私はテスト勉強の日だなぁ。
    最近、面倒だと思うようなことが起きて、それがずっと続いてて、吐き出すこともできないままでいる。
    面倒のせいで、やっぱりひとりでいるのは楽って気付かされる。ような夕方だった。」

    2016/01/22 同日
    ファンの男性これに反応
    「@tomitamayu 吐き出せばいいじゃん。 原因は僕でしょ?」

    このご日付変わっても何度もリプで粘着する

    2016/01/23
    ・ファンの男性、富田さんが他ファンとリプしあい慰められていることに嫉妬し憤慨
    「@tomitamayu その通りですね笑 自分自身の愚かさに辟易します。
    その上で一言進言させてください。
    愚か者をバカにするくらいならシカトした方が自身の為ですよ? はい、終わり。」

    ・以後、3ヶ月に渡り恐ろしい罵倒や脅迫めいたリプを執拗に富田さんへ送り続けるファンの男性

    2016/04/28
    ・ファンの男性アイドルへの過去のプレゼント、差出人不明で送り返される
    「@tomitamayu @take_senpai渋谷青山通り郵便局から荷物が届きました。
    差出人不明。腕時計と本3冊が入ってました。わざわざ送ってくれなくても取りに行きましたよ?
    ほんと、嫌な女。それから蜷川実花の言葉集はどうしました?全部返すならそれも忘れずに。」

    始めは純粋にファンレターとして投稿していますが、プレゼントして腕時計を送ったことへのリアクションが無かったことからエスカレートしていきます。

    ちなみに時計というものは人生の中で最も重要なものの一つ「時間」を象徴しています。プレゼントとして送るのならば「離れていても同じ時を過ごしたい」という意味になります。

    肌身離さず身に付けてもらえば、「遠くはなれていても一緒に時を刻んでいる」という感覚を持つことができ、とてもロマンチック。ただ、お互いが恋人や夫婦のような親しい間柄ならではですが・・

    これが恋人以上の関係でない場合「あなたの持つ時間を束縛したい」という願望の表れとなります。

    このようなものを送られては、まともに感謝の気持ちを述べてしまえばよりしつこくファンレターやプレゼントを送りつけてくるでしょう。「無視」以外に方法はないといえます。

     
    <楽天市場>

     

    かつてはアイドルといえばマネージャをはじめとして事務所の人間がとにかく身の安全を確保してくれる時代がありました。

    昨今はアイドルになるための敷居が低く、半ば素人同然の人も地下アイドルとして多数存在しています。

    事務所も多くの人間を抱えとても全員を取りこぼしなくプライベートを管理することは不可能でしょう。
     

    自身も成功するためには露出を増やしていかないといけないですし、そうなるとツイッターやインスタなどのSNSの使用は必須です。

    これからはAKB48から始まった「会いにいけるアイドル」のシステムが根本から見直されるかもしれません。

    ライブにおける管理も警備・持ち物検査・金属探知機は必須でしょうが、彼女の所属事務所は「有限会社マージ」ということなのでそこまで資金もかけられないと思われます。

    アイドルになるもの覚悟のいる時代になりましたね・・
     
    <楽天市場>

     

    Pocket

     

ピックアップ記事

  1. 【危険!】液体入りスマホケースの液漏れで”化学熱傷”という火傷になる恐れあり。メーカーは医療費を出すものの‥
  2. 上海ディズニーランド開園!ツアー予約はJTBに期待しよう
  3. 【即効性あり!】二の腕ダイエット方法を短期間でマスターして”タプタプ振り袖”から卒業しよう

人気記事

PAGE TOP