ヘルス&ビューティ

【そろそろ気になる?】ほうれい線を消す方法。簡単なのでぜひ試してみて!

Pocket

 20代も後半を迎えると、カラダの様々な部分に劣化の兆しを感じ始めます・・なかでも目立ってしまうのは顔のシワ。今回はほうれい線を消す方法についての特集です!簡単に行えるエクササイズなので、ぜひ試してくださいね。

 

ほうれい線を消す方法。簡単エクササイズ3選!

 顔のアンチエイジングの場合、化粧などで全て対策が取れるわけではありません。ほうれい線(マリオネットライン)の場合、表情筋の衰えが原因。ただ単に老化による2筋の線が入るだけでも嫌なのに、さらに”口角が下がる”という現象がセットでやってくるのです・・

 改善するためには筋肉を鍛え上げることが必須。他にも、意外な生活習慣が原因でマリオネットラインが悪化してしまうことも意外とあるのです。ではまず、早速ほうれい線の消し方のエクササイズから見ていきましょう!

■舌まわし体操
 最も簡単で、いつでもどこでも出来るエクササイズ。口を閉めて、舌を歯にそってゆっくりと回すだけです。左周りで20回。右回りでも20回。朝、昼、晩と、1日に3セット行いましょう。舌の付け根がジンジンくるくらいゆっくり回すと効果的!

■ペットボトルトレーニング
 500ml入りのペットボトルに水を100cc注ぎます。次にボタンを用意し、タコ糸などで結び付けます。

 ボタンを唇で加え、ペットボトルを持ち上げます(歯は使っちゃだめ!)。徐々に水の量をふやし、300ccで20秒くらいまで持てるようになりましょう!辛いですが、口呼吸も改善できる。ほうれい線を消す方法としてかなりオススメです。

■あいうべ体操
「あ、い、う、」と口の形を大きくハッキリと動かしながら、最後に「ベー!」発音しながら舌を出します。出来れば大きい声を出すのが良いです。高齢者の簡単な認知症予防に有効とされていますが、実はほうれい線を消す方法としても大変有効なのです!

 

日頃の生活習慣も大事です。

 ほうれい線を消す方法は、トレーニングだけではありません。普段の自分のライフスタイルからも改善や予防が簡単に行えるのです!

■口呼吸
 表情筋が衰える最たる原因は口呼吸。唇を閉める筋肉が弱いために口呼吸になってしまうワケですが、一旦この状態になると抜け出すのは困難で悪循環。有効策としては特に”ペットボトルトレーニング”は必須です!歯列矯正が必要な場合もあるので、歯並びが悪くて口呼吸の方は矯正歯科に一度診てもらいましょう。

■睡眠時の姿勢
 ベッドで寝ているときの姿勢を気にしたことはありますか?
実はコレが表情筋をはじめ、カラダの至るところまでの老化に影響してしまうのです‥睡眠時は長時間同じ姿勢を取るため、重力の影響をモロに受けてしまいます。かならず仰向けで寝て、横向き、うつ伏せにならないよう気をつけましょう。

■普段の姿勢
 日本人は諸外国に比べて”猫背”の人が圧倒的に多いといわれています。猫背でアゴが突き出てしまうと、表情筋のバランスが崩れて”さまざまな筋肉の崩れ”が起きてしまいます。

 日頃の姿勢がよいか悪いか、自分では判断が簡単ではないので、身近な人にチェックしてもらうといいですね!

 

ほうれい線を消す方法は以上になります!
 

 エクササイズをはじめ、顔の筋肉強化は大掛かりな準備も必要なものが少なくお手軽にできます!そのため習慣化することもたやすく、継続させることもあまり負荷になりません。

 マリオネットラインは顔の老化の中で比較的早く起きてしまうものであり、これを放っておくとさらに表情筋の筋肉バランスが崩れてしまう原因となります。早め早めの対策を打ち、若さと美貌をキープしていきたいですね!

Pocket

 

ピックアップ記事

  1. 【危険!】液体入りスマホケースの液漏れで”化学熱傷”という火傷になる恐れあり。メーカーは医療費を出すものの‥
  2. 上海ディズニーランド開園!ツアー予約はJTBに期待しよう
  3. 【即効性あり!】二の腕ダイエット方法を短期間でマスターして”タプタプ振り袖”から卒業しよう

人気記事

PAGE TOP