バレンタイン

会社の義理チョコは大量に安いものを買えばOK?様々なケースを検証!

Pocket

 2016年もバレンタインデーの季節が近づいてきました。大好きな方に贈るのはもちろん。会社の義理チョコでも何をあげればいいのか迷いますよね!大量に安いものを購入する場合から、高額なものまで、値段ごとにどのようなケースがあるのか見て行きましょう!

 

2016年に購入する会社の義理チョコは安いものを大量に!

 
■~500円
 最も安い値段でバレンタインを載り期待場合、後輩~同僚では安いものここまでの値段でも問題ありません。特に、社員数が多い場合だと相手も「たくさん配るのは大変だし、このくらいの値段のものが妥当だろう」と納得してくれます。

 値段的に一番理想なのはやはり「1人に対し数十円(笑)」1人で大量に配るのはちょっと気が引けるという方は、数名の同僚の女子と共同し、「ブラックサンダー担当」「チロルチョコ担当」・・というように”自分だけでなく数人で企画しました”という体で行けば罪悪感も減りますし避難されることも皆無でしょう。

 通販で激安品を大量購入すれば手間が省けますが、さすがにもの悲しいので100均などでプレゼント用のラッピングセットを購入して包装すると安くても「手間隙をかけてくれた!」ということでむしろ好印象になります。

 

バレンタイン購入金額相場:第1位!

 
■500円~1000円
 この金額が会社でのバレンタインに贈る義理チョコ金額の統計で一番多いです。職場の社員数が少ない場合や、上司に贈る場合に相応しい金額になります。金額的には安いですが、10人に渡すとしても最低5000円以上になりますので出費としては痛いです。

 ただ、男性人は”チョコは迷惑”と思いながらも、”もらえなければそれはそれで寂しい…”という複雑な生き物なので出費は痛いですが社内での体裁を保つためにも贈ったほうがお得です。職場で「自分だけチョコ持ってこなかった!」となると角が立つ場合もありますしね!一番良いのは社内の女子同士で話し合って”2016年のバレンタインはチョコあげないことにしました!”と作戦なのですが(笑)

 

 

職場で贈る場合に注意する金額

 
■1000円以上
 1000円以上の金額の義理チョコを贈る場合はかなり注意が必要です。単純に同僚や後輩に送る場合には勘違いされてしますし、あげるとしたらよほど日頃からお世話になっている方の場合に絞ったほうがよいです。

 男性は3倍返しともいいますし、上司というと立場がありますのでそれ以下の金額でお返しすることはありえない。上司は家庭持ちの場合も多いので余計な出費は痛く、鬱陶しがられること間違いなし。別に「チロルチョコ」レベルの駄菓子でなければ、数百円程度のチョコで安くあげてしまって全く問題ありません。

  

以上になります!

 
 バレンタインの義理チョコに関しては毎年問題になりますが、年々「贈ることは禁止!」という会社も増えてきています。ろくに賃金も上がらず物価が上がってきていますから当然ですよね。

禁止でない会社にお勤めの方は、とにかく見栄を張らず、できるだけ安く上げることに専念した方がよいでしょう。女子間で大量購入を相談するのが今年を切り抜ける一番無難な選択だといえますね!

Pocket

 

ピックアップ記事

  1. 【危険!】液体入りスマホケースの液漏れで”化学熱傷”という火傷になる恐れあり。メーカーは医療費を出すものの‥
  2. 上海ディズニーランド開園!ツアー予約はJTBに期待しよう
  3. 【即効性あり!】二の腕ダイエット方法を短期間でマスターして”タプタプ振り袖”から卒業しよう

人気記事

PAGE TOP