エンタメ

川本真琴の妹が週刊文春で狩野英孝の”ウソ”を暴露。「これは名誉毀損ではないでしょうか‥?」

b930922c08535e97cba899ac9c7fe6be_s
Pocket

 現在世間から”ストーカー”などと言われてしまっている川本真琴さん。彼女の妹さんが2月10日発売の週刊文春にて狩野英孝さんがついた嘘について、その経緯を語られました。詳細を見ていきましょう。

  

スポンサードリンク


  

川本真琴の妹が週刊文春で狩野英孝のウソを暴露。

 川本真琴さんとの出会いは2015年の春から。狩野英孝さんから”女性歌手の中で一番好き”とのアプローチから、お互いがフリーだったこともあり交際開始。しかし、その年の暮れには別の女性の存在が発覚。

 川本さんが問い詰めるも、”一番は君だ”と弁解。そして「じゃあ彼氏がいる」という内容をツイッターに投稿していいかと聞いたところ、狩野さんがこれを承諾。そして話題となった「彼氏がいる」「私の彼氏を取らないで」というツイート内容投稿に至ったのです。

 それにも関わらず、その後多数の女性の存在が出るわ出るわ・・加藤紗里さんとの事務所公認の交際の発表もされ、川本さんは完全にストーカー扱いされるハメになってしまいました・・

 川本真琴さんの妹さんの話によると、姉である真琴さんには騒動が大きくなり狩野さんから「こんなことになってごめんなさい」と電話で謝られたとのこと。ただ、それでも真琴さんは平和主義な方だそうで、今後はこの件については触れることは無いそう。

  

スポンサードリンク


  
 妹さん的には世間に誤解されたままの状態に「名誉毀損なのでは?」憤りを感じているとのこと。川本真琴さんは現在冷静になり、”自分が年上なのにバカみたい・・”と内省しているそうです。

 週刊文春では狩野英孝さんが手を出した元ファンの方と川本さんが鉢合わせた際のことも取り上げられています。彼女はファンレターに自分”有名ファッション誌の読者モデル”をやっていたこととLINEIDと電話番号を書いて贈りました。するとすぐに連絡が。自宅に招き入れられると熱烈に口説かれるも電話が鳴ると急に「遅いから帰ろう・・」と追い出されます。

 家を出るとエレベーターで川本真琴さんと出くわし、「あなた彼女?」と質問されると「違います」と切り返しそのまま帰宅。川本さんには翌日”元カノだから”とLINEで一報があったとのこと。このことに関しては、続いて発売する「フライデー」でインタビューを受けた彼女がさらに詳しく語るそうです。

 何にせよ、「なぜ急に妹が出てきた・・?」という声が聞こえてきそうですが、ご家族の立場を考えると仕方ないことかもしれません。ストーカー扱いされてしまったご本人が”これ以上は事を荒立てたくない”という姿勢ならば世間はこの先もずっと誤解され続けてしまいます。もし仮に自分の姉がそのような誤解を受けたままでいるならば、”何とかせねば”という想いが出てくるのは自然なことでしょう。

 現在はロンハーにて「5股」という前代未聞の浮気人数を暴露され今後肩身が狭くなるであろう狩野さん。男性からするとここまでモテるのは非常に羨ましいかとは思いますが、あまり肉食すぎると川本さんの妹が今回の週刊文春で暴露したように悲しい嘘をつかれている女性が大勢いることを忘れてはいけません。
  

スポンサードリンク


  

Pocket

 
PAGE TOP