ラ ブ

ベッキーと川谷絵音の決別破局の理由に批判の声があがるのも仕方が無い…

Pocket

 ゲスの極み乙女。 のボーカル川谷絵音さんとタレントのベッキーさんが決別破局を向かえたことが発覚しました。別れた理由に関して”けじめ”だしておりは、「これ以上周りの関係者たちに迷惑をかけたくない」ということでしたが、この発言に批判の声もあるようです。

  

スポンサードリンク


  

ベッキーと川谷絵音の決別破局理由に批判の声

 川谷絵音さんとベッキーさんが決別破局の道を選んだのは週刊文春の発売前の今月5日。4日に長崎の実家から出てきてから直後にスクープを摂られ、そのまま事務所に直行。関係者と話し合った後に決めたとのこと。

ただ、「友達としてもう二度と会わない」との公式コメントに批判の声があがります。

真実じゃないだろ、けじめというのは言葉がおかしい!

ん?友達だったのに?別れる?もう会わない?友達なら会えばいいし、友達なら「別れる」とは言わないです。
それに憔悴しきっているのはベッキーではなく奥様の方だと思います。
「二度と会わない」と誓われたところで、奥様は「それならいいです」とはならないと思いますが。

友達って、便利な言葉やなぁ。
友達と言えば大丈夫という問題ではない。
奥さんはどう思うか。
二人は同じことを自分がされたらどう思うのだろう?
友達として会わないってどういう意味だろう?
一般人の私には理解できないことが多い(笑)

友人として二度と会いません”なら友人の意味ある?
実際、決別もどうだか?どうしたってイメージは変わらん!

何だか少しずつ、ベッキーは悪く無い的な方向に話を持って行ってるね。捏造だろうが、真実だろうがどうでもいいけど、当初の話とは内容が変わってきている所を見ると、裏工作ってあるんどなと思ったよ。

 

などなど・・
  

 たしかに今回は芸能関係者をはじめ、大きな波紋を呼びましたが、それは熱愛不倫の事実があったことが前提となるわけです。「友達」であるなら会わない理由はありません。芸能界では異性間での交友関係が発覚したら会えなくなるのでしょうか?公式には発表されていませんが、熱愛不倫の事実があったから”けじめ”のために決別破局するなら話の筋が通るのですが・・
  

スポンサードリンク


  
 言い換えれば「不倫などしていない」と語っているのも同然。もし週刊文春に事実をスクープされていなかったら、不倫がこの先も継続されていたと思わせます。この調子だと今後も何らかの事実が明るみになるたびに弁明を繰り返すことになってしまいます。本人としても逆にそれがしんどいでしょうね・・

 先日も嵐の大野さんの交際が発覚したときも、友達であるにもかかわらず「二度と会わない」というコメントでしたが、あまりに滑稽。結局は嘘でもって話題を鎮静化させたことになります。本当にけじめをつけるんだったら、「友達」「軽率」などという言葉より、不倫について謝罪した方が批判はでなかったでしょう…

 昨日はデヴィ夫人からのコメントで、「これからも2人の関係を続けて欲しい」との言葉がネットでもかなり反響を呼びました。その通りの行動を起こしていれば、潔いと賞賛する人も現れるでしょうが、恐らくは今後も芸能界で仕事を続けたいという理由から「けじめをつけて別れる」という発言に至ったと思われます。今後もまだしばらくはベッキーさんと川谷絵音さんの報道が続きそうですね・・
  

スポンサードリンク


  

Pocket

 

ピックアップ記事

  1. 【危険!】液体入りスマホケースの液漏れで”化学熱傷”という火傷になる恐れあり。メーカーは医療費を出すものの‥
  2. 上海ディズニーランド開園!ツアー予約はJTBに期待しよう
  3. 【即効性あり!】二の腕ダイエット方法を短期間でマスターして”タプタプ振り袖”から卒業しよう

人気記事

PAGE TOP