エ ン タ メ

川辺優紀子がラストキスの相手の井出卓也に拒否寸前‥しかしその後まさかの展開に!

Pocket

 モデルの川辺優紀子さんが3月8日放送のラストキスに出演。お相手は俳優Iこと井出卓也さんなのですが、なんと番組史上初の拒否寸前まで悪い印象を持ってしまうのです・・
  

【スポンサードリンク】


  

川辺優紀子のラストキスの相手は俳優Iこと井出卓也

 川辺優紀子さんは1991.4.25生まれの現在24歳。ハタチの頃に地元で開かれた”群馬美少女コンテスト”で優勝し芸能界デビューします。大学は東洋大学理工学部出身で、両生類の脳神経について研究していた所謂”リケジョ”です。2014年まで在学していたのでまだ卒業したばかりですが、かなり大人びて見えます。

 対するお相手の俳優Iこと井出卓也さんは1991.3.12生まれなので年齢は一緒。芸能界入りしたのは、2歳の頃に原宿でのスカウトから。つまり赤ちゃんモデルということです。その後NHKの天才テレビ君に出演していたことで、全国的にも知名度がありますね。関東での”6大学”と言われる青山学院大学に通っていたので高学歴な俳優さんです。

 3月8日放送のラストキスでは、2人の第一印象は最悪でした。まず待ち合わせ場所に現れたのは川辺優紀子さん。相手はどんな人だろう?と緊張しながらもワクワクした表情で待ちます。

 そこに現れた井出卓也さん。第一声は「こんに・・コンニチハ!」と、いきなりドモっています。そして、今日の収録をリードしようと「タノシイデートにする・・ために・・!」と過緊張な状態でなんとか言葉を発します。一瞬で川辺優紀子さんに主導権を明け渡してしまった状態となってしまいました。

 この様子にスタジオ騒然。特にピースの綾部さんは「今回のヤツはやべぇな・・」と厳しい意見を言い放ちます。

 その後も、車を運手するもかなり危ない運転っぷり。「やべやべマガルマガル・・」の言葉に思わず川辺優紀子さんも「危ない危ない!」と声が裏返ってしまうほど。スタジオのDAIGOさんも「運転で不安にさせちゃだめでしょ」と呆れてしまいます。
  

【スポンサードリンク】


  

彼への拒否感‥しかしその後は意外な方向へ

 そんな彼と時間を共にすることで、川辺さんは”この相手とは合わない・・”と感じており、「相手のことが嫌だったらキスできない」とすら思っていたほど。今回のラストキスでは不安だったといいます。

残念ながら、女性は見ていて不安になるヘタレな男性に対して(特に性的には)魅力を感じることは稀なので最初の印象派間違いなくそのルートの当てはまっていたといえるでしょう。

 しかし、その後彼が動物と触れ合う姿を見てからは井出卓也さんの人柄の優しさに気づきます。

 最初は拒否せざるをえない状態から徐々に好感度がアップ。最後は川辺優紀子さんが涙を浮かべるほどのキスが・・

 この様子は3月8日のラストキスで見ることができるので、気になる方は23:54からテレビの前でスタンバイしましょう!
  

【スポンサードリンク】


  

Pocket

 
PAGE TOP