エ ン タ メ

小林麻央の余命は部位や転移の状態に影響される。若い女性に多いスキルス性胃がんか?

Pocket

体調不良が心配されていた小林麻央さんの容態が「進行性がん」だということが発覚しました。現在発症部位や転移、ステージや余命などの情報についてネット上では様々な憶測も飛び交っており、病名は「スキルス性胃がんでは?」とも言われているようです。

「女性としての幸せを全て手に入れた」と言われている小林さん。体調が悪いのは3人目の妊娠も噂されていましたが、それが事実だったらどんなによかったことか・・
  

【スポンサードリンク】


  

小林麻央が進行性がんに・・

現在、小林麻中央さんの容態はかなり厳しいと予測されています。

なぜなら1年前に発症してから部位発表せず今になって進行性がんを公表。”進行性がん”とは「一定以上のステージ」であり、筋肉や粘膜などの部位まで進んでいることを呼びます。

がんには進行度の目安となる「ステージ」というものが存在し、ステージ0(初期)~4(末期)まであります。

小林麻央さんの場合、進行性である以上最低ステージ2以上は確実・・ネット上では発症がかなり前だったということで「ステージ3は行っているのでは・・?」と噂されています。

さらにがんは年齢を重ねれば進行は遅くなりますが、小林麻央さんのように33歳だと通常であれば進行はかなり早くなります。

最悪、1年も経たずに余命を迎えてしまうこともあります。

まずは女性ががんにかかった場合の死亡率を部位ごとに見てみましょう。

  • 1位 大腸 20,879人
  • 2位 肺 19,505人
  • 3位 胃 17,041人
  • 4位 乳房 12,730人
  • 5位 肝臓 10,902人
  • 6位 子宮 6,071人

  

【スポンサードリンク】


  

余命は部位や転移の状態に影響される。病名は若い女性に多いスキルス性胃がんか?

小林さんのがんは”胃がん”の種類のうちの「スキルス性胃がん」の可能性が高いといわれています。

理由は30~40代の女性の発症率がかなり高いということ。そして、スキルス性胃がんは、発症しても胃の表面粘膜にほとんど変化が無く、胃カメラや、X線検査でも発見は難しいとされています。

通常の胃がんであれば転移のリスクは他の癌より低いとされていますが、スキルス性胃がんの場合は進行が早いため、他部位の臓器やリンパ節への転移が多いといいます。(転移率60%)

 
小林麻央さんは出産のために病院である程度の検査も行っています。

市川海老蔵さんを支えるためにも日頃から体調管理しているでしょうし、忙しくい毎日を過ごされていても健康診断などは欠かさないでしょう。

姉の小林麻耶さんも体調を崩し、バイキングで途中退席したのも妹の看病疲れが溜まってしまったものと見解されています。

海老蔵さんの写真画像を見ても髪型が坊主なのでハッキリは分かりませんがかなり白髪が増えていましたね・・

最近ではがんにかかると医師から余命を告げられることも多いと聞きますし、相当な心労があったのでしょう・・

ただ、がんになっても部位によってはステージ4から快復する人もいますし、仮に末期だったとしても生還する可能性も十分にあります。

現在治療に専念しているとのことなので、末期では無いと思いますが、不安な気持ちに負けないで頑張ってもらいたいです!
  

【スポンサードリンク】


  

Pocket

 

ピックアップ記事

  1. 【危険!】液体入りスマホケースの液漏れで”化学熱傷”という火傷になる恐れあり。メーカーは医療費を出すものの‥
  2. 上海ディズニーランド開園!ツアー予約はJTBに期待しよう
  3. 【即効性あり!】二の腕ダイエット方法を短期間でマスターして”タプタプ振り袖”から卒業しよう

人気記事

PAGE TOP