エンタメ

小森純「タトゥー消したい‥」手首・腕・足など後悔する場所に多数あり。若い人は”反面教師”として深く心に刻もう

Pocket

 ギャルモデルとして活躍していた小森純さん。彼女には手首・腕・足などの場所に多くのタトゥーがあります。ただ、最近は「消したい‥」と後悔の念に襲われるとのこと。2月15日の私の何がイケないの?で除去手術の様子が特集されます。

 若い方がついついファッション感覚でやってしまいがちですが、リスクが高いことは承知しなければなりません。

  
<楽天市場>

 
 

小森純が手首・腕・足などの場所にタトゥーがあることを激白

 小森純さんはかつて2012年3月に放送された私の何がイケないの?に出演されました。テーマは「日本全国1万の誰にも相談できない女の悩みベスト20」というもの。そのときの女性の悩み10位に君臨したタトゥーについて、司会者の江角マキコさんと口論を繰り広げました。

 小森純さん主張としては、「若い人たちの中では”自分を魅せるモノ”であるタトゥーがどんどん受け入れられている」というもの。その時に、自身も手首、腕、足などの場所に施していることを告白。

 番組内では刺繍が悪者扱いされる中、1人だけ”全然悪くない。批判されることがおかしい”と反論。なぜ彼女だけ反論したのかというと、単なるファッション感覚で自身がやったわけではなく”強い自分でありたい” ”苦しいことを忘れたい”という、内面の弱さをカバーするために必要だったということがわかります。

 ところが、江角マキコさんはこれを聞いたうえで真っ向から反論。”いきさつはどうであろうと、他人からすると同じ「タトゥー」であることに代わりは無い”と。江角マキコさんの知り合いでもかつて後悔して結局消した人がたくさんいたことからの助言でした。

 そして、それから3年以上経った2016の2月15日、考えの変わった彼女が登場します・・
  
<楽天市場>

 
 

「タトゥー消したい‥」除去手術の後悔の様子が私の何がイケないの?で特集

 かつては「何が悪い!」と言い張っていたものの、彼女も結婚して子供を育てる身。子供が生まれた場合、これまで”美容第一!”だった人でも人生で一番大事なものが子供に代わります。
 
 成長するとやがてはママ友もでき、女性ならではのコミュニティへ。そうなると、必然的に角が立つようなこと”言動・振る舞い・ファッションは避けるようになります。嫌でも価値観が変わらざるを得ないでしょう。

 人間であれば加齢に伴いお肌は劣化してしまうものですし、似合わなくもなっていきます。個人差はあっても、仮に消したとしても痕が残ってしまう場所も出てきてしまいます。小森純さんの場合は手首、腕、足と3箇所なので数が多ければそれだけリスクは大きくなります。

 私の何がイケないの?では、除去手術の様子や後悔の気持ちについて特集。現在”自分もやってみようかな?”と考えている方は必ずこの番組をチェックしましょう。江角マキコさんからも、さらに深い助言が聞けるに違いありません。

  
<楽天市場>

 

Pocket

 
PAGE TOP