エ ン タ メ

小西遼生と貫地谷しほりの結婚間近の熱愛デートを女性自身が報道。”私は売れ残り”発言返上なるか?

Pocket

7月5日発売の女性自身では俳優の小西遼生さんと熱愛彼女の貫地谷しほりさんのデート報道がありました。先日のガラスの仮面再演についての製作会見で、芸能界結婚ラッシュについて聞かれた貫地谷さんは”なんか、売れ残り感が出てきた・・”とネガティブ発言。そんな矢先の出来事なので驚きです。詳細を見ていきましょう。
  

【スポンサードリンク】


  

小西遼生と彼女の貫地谷しほりが結婚間近!?女性自身が熱愛デート報道

女性自身に小西遼生(こにしりょうせい)さんと貫地谷しほり(かんじやしほり)さんの姿が目撃されたのは6月下旬の夕方。スマホを片手に繁華街を歩くも周りを気にする素振りは全く無かったといいます。

小西遼生さんは1982.2.20生まれの現在34歳。2005年に特撮テレビドラマ『牙狼-GARO-』の主人公として出演して以来、作品がシリーズ化され代表作に。

本名であり旧芸名は「小西大樹(こにしひろき)」で、2007年に現在の名前に改名しています。

趣味はオセロ・読書・映画鑑賞・水泳・散歩・朝風呂・日なたぼっこ・瞑想・漬け物を手に緑茶を飲むことで、特技はアコースティックギターという非常に真面目な印象の青年です。

貫地谷しほりさんとの関わりは2014年に上映された舞台”ガラスの仮面”がキッカケ。

「28歳で結婚したい」というまさに貫地谷さんの願望の年に出会った人物であり、とても聞き上手なお相手。2人の絆が強まったのは、いつも聞き役に徹していた小西遼生さんが”事務所を移籍する”と相談したことが原因だったといいます。

貫地谷しほりさんが事務所移籍の相談を受けたのは5月ごろ。かなり親身になって役者としての在り方までアドバイスをしてくれた彼女に小西sなんは感激だったとのこと。

熱愛デート報道された2人は、決してベタベタするわけではなく”つかず離れず”の距離感。彼らの間には穏やかな空気が流れており、それはまるで結婚した夫婦を思わせます。

ほどなくしてと2人と合流したのはもう一組の男女カップル。そのうちの1人は女優の佐藤めぐみさん(31)。女性でありながら、かつて”貫地谷しほりさんの彼氏”とまで言われたほど仲良しだった人物です。

(※佐藤めぐみさんは男性を連れていたとのことですが、女性自身ではその人物の名前についての記載はありませんでした。ネット上を調べてみても佐藤めぐみさんの熱愛彼氏の噂は”嵐の松本潤さん”しかなく、名前が報道されなかったことから一般男性の可能性が高いと思われます。)
  

【スポンサードリンク】


  
イタリアンレストランに入った彼らはかなり盛り上がっていたようですが、小西さんはその様子をにこやかに見守っていたといいます。

その後、入店から3時間後の22時にお開きに。大通りでタクシーを止めて小西さんと貫地谷さんは都内のタワマンに戻っていき、1夜明けても2人がマンションから出てくることはありませんでした。

ガラスの仮面が再演されるにあたり、これから稽古も含めて2ヶ月以上舞台で一緒に過ごします。そこで2人の仲はさらに深まることになるでしょう。

このままいくと、結婚願望が高まっている貫地谷さんからのプロポーズもありえますね。今回女性自身の報道で2人の中が明るみになったため、共演者からのお膳立ても考えられます。

貫地谷さんはガラスの仮面の千秋楽を迎えた直後に藤原紀香さんと片岡愛之助さんの結婚式にも出演される予定です。

北川景子さんとDAIGOさんなどの結婚ラッシュにも影響され、舞台終了後に披露宴出席となれば、嫌でも自身の今後について意識させられてしまいますね!

ただ、結婚ラッシュに対し”自分は売れ残り・・”というような自虐的なコメントを残したことからも分かるように、実は消極的な発言もこれまでかなりしています。

”32歳で大殺界を抜けるまではできない・・”
”まだ何も達成していないのに結婚なんて・・”

”達成”というのは主演女優賞などの結果を残すことなのでしょうか・・?自身のこだわりが強いのかもしれませんが、タイミングというものもありますし、もたもたしていると現在の彼氏の小西さんも待ちきれずに冷めてしまう可能性もあります。

熱愛デート報道された小西遼生さんがパートナーとして彼女をいかに励ましてあげられるかにも賭かっていますね!
  

【スポンサードリンク】


  

Pocket

 

ピックアップ記事

  1. 【危険!】液体入りスマホケースの液漏れで”化学熱傷”という火傷になる恐れあり。メーカーは医療費を出すものの‥
  2. 上海ディズニーランド開園!ツアー予約はJTBに期待しよう
  3. 【即効性あり!】二の腕ダイエット方法を短期間でマスターして”タプタプ振り袖”から卒業しよう

人気記事

PAGE TOP