エ ン タ メ

小杉理宇造の週刊文春での言動に批判殺到!「老害がこんなところにも居たか…」

Pocket

 1月21日発売の週刊文春ではジャニーズエンタテイメント代表取締役の小杉理宇造氏がインタビューに登場。SMAPの騒動について発言するも、その内容にネットでは「老害だ…」という意見をはじめ批判の嵐のようです。

 
 

週刊文春による小杉理宇造のインタビュー内容。

 

 週刊文春のインタビュー内容では、事務所から独立することとになった木村拓也さん以外の4名に対し苦言を呈しました。その言動は「国民的スターの自覚がない」「曖昧な表現で関係者やファンやに対して迷惑をかけたことを詫びるべき」というもの。

 1月18日のスマスマ生放送ではSMAPメンバーがジャニーズ経営者陣に対して既に事実上謝罪をしましたが、さらに「内に対しての謝罪をすることが戻るための条件」とコメントしました。

 メディアでは全面的に独立しようとしたメンバーを”造反組”と仕立て上げているようですが、ネット上で一連の報道を見ていた人からすると、事の発端は結局はメリー喜多川氏が原因というところに落ち着いています。

 報道では4名のメンバーの中で特に中居正広さんに対しての謝罪の要求が強いなか、生放送の謝罪の態度を見ると明らかに納得のいかない表情。実際のところは”お家騒動”にスマップメンバーが巻き込まれただけのようですから、無理もないでしょう…

 そんな中でも小杉理宇造の週刊文春にインタビュー内容ではさらに
「木村君を残しメンバーが割れた。木村君は寂しい思いをしているから謝罪するべき」
というように、現在のマスコミの報道を肯定する内容の発言もありました。

 
 

ネットでは週刊文春インタビューに「老害だ…」と批判の嵐。

 
週刊文春の記事を見て出てきた批判は以下の通りです。

老害がこんなところにもいたか…
こういう人を出しちゃったらますますジャニーズのイメージが悪くなる。

お上は保身のことしか考えてないんだろうな・・

ジャニーズ事務所の人間はもう話さないほうが
いいんじゃない。
ジャニーズから発進される情報は
不愉快極まりない。
言えば言うほどマイナスです。
女性マネージャーとスマップに対して
パワハラしたとしかとれません。

また、わけのわからないこと言うおじいさんが出てきて、本当にびっくりです。
何の許しを乞うのかな?
よくライブの中で「大人の事情」っていうことばがでますが、まさしく、おぞましい大人たちですね。

すべてのメンバーが退所すればいいのに。
出てくる人出てくる人すべて、あっけにとられます。

 実はメリー喜多川さんの週刊新潮のインタビュー内容でも「中居君が謝らない」と発言し「老害だ」というような批判の声が多くあがりました。

 もしかししたら「老害」という表現は言いすぎなのかもしれませんが、ここまで事務所に貢献してきたSMAPに対し、彼らを擁護する発言があってもいいはずです。小杉理宇造 氏も顧問ですし、メリー喜多川氏も経営者。そういう立場ならば、タレントを守ろうという意志があってもいいのでは?と思ってしまいます。

Pocket

 

ピックアップ記事

  1. 【危険!】液体入りスマホケースの液漏れで”化学熱傷”という火傷になる恐れあり。メーカーは医療費を出すものの‥
  2. 上海ディズニーランド開園!ツアー予約はJTBに期待しよう
  3. 【即効性あり!】二の腕ダイエット方法を短期間でマスターして”タプタプ振り袖”から卒業しよう

人気記事

PAGE TOP