エ ン タ メ

乙武洋匡の不倫相手を週刊新潮が報道。あの”マツコ・デラックス”も見抜いていた!

Pocket

 自民党からの出馬が予定されていた乙武洋匡さん。なんと不倫相手の愛人の存在があることが3月24日発売の週刊新潮によって報道されました。かつてマツコ・デラックスさんも彼の本質に気がついていたようですね。

 乙武さんのツイッターアカウントは今日まで約2週間に渡り更新がなく、今回のスキャンダル内容が関係していると思われます。気になるのはその中身。いったいどのようなものだったのか、詳細を見ていきましょう。
  

【スポンサードリンク】


  

3月24日発売の週刊新潮の内容は”乙武洋匡の不倫相手報道”

 週刊誌の報道によると、愛人の彼女は女優の”黒木華さん似の20代後半の美女”。目撃したのは2015年の12月25日の23:00頃だったといいます。旅行に行く際、国内の空港ではよそよそしく振る舞いながらも、パリ行きの便に乗るやいなや並びの席に座り肩を寄せ合います。

 2人のやりとりは乙武さんの「俺ら一心同体でしょ!」の言葉に対し、お相手は「一心同体!乙くんといる自分が一番好き!」というように、明らかに恋愛感情を抱いているようでした。

 しかし、旅行先にはもう1人男性の姿が。関係者によるといつも男性を1人同行させ、言い訳をするためのカモフラージュを準備するとのこと。その黒木華似の女性とは昨年末以前にも海外旅行に行っており、そのときも別の男性を”事務所スタッフ”として採用し動向させていました。

 旅行先では、女性がなぜ乙武さんに惹かれたのかを語る場面もありました。「普通じゃない気がする自分を認めてくれた」 「乙くんのおかげで自分が自分と思えた」とのこと。恐らくは自分に自身が無い女性だったのかもしれません。美人でも意外と自分の内面に自信が持てない方っていらっしゃいますからね。

 2人の馴れ初めは、とあるショップで働いていたときに来店した乙武さんが気に入って声をかけたとのことで、もう関係は4年半に渡るようです。

 今回の旅行は”フランスの悲惨なテロ現場視察”との名目だったらしいです。しかし、実際には今回の政界進出にあたって身辺整理の必要が出たための「ケジメ」の旅行だったとのこと。

 週刊新潮が直撃したのは帰国後。年末年始に妻と違う女性と海外へ行ったことを問い詰めると動揺し”いえっ!”と否定。すぐにスタッフの車に乗り去っていきましたが、再び取材にいくと観念します。

 子供ができてから夫婦らしさが無くなったことを理由に「夫である私がグッと堪えなければいけなかったと思うんですが、自分の弱さと言いますか、癒しを外に求めてしまいました」と、その心情を語りました。

 乙武洋匡さんは今から15年ほど前に自信が通っていた早稲田大学の2歳年下の後輩と結婚。2015年には3人目の子供が生まれていただけに、今回の週刊新潮による不倫相手の報道には驚きです。

 さらに週刊誌の関係者によると、愛人関係にあるのは全部で5人いたとの噂も。早稲田大学時代から”4人の彼女が同時にいた”との情報もあるほどです。

 これまでも様々なメディアに出るようになったあとでも、いつも女性をとっかえひっかえしているとの証言もあります。週刊誌・女性自身では”モデル風美女”や”派手な女性”、そして”神田うの”さんともデートしているとの報道も。

 かつての不倫相手と噂された人物とのツーショット写真画像を見てみると、髪の毛は茶髪で派手目な女性。金髪ボブの女性、というように挙げられていた乙武洋匡さんの趣向であろう人物像と一致はしているようです。

 他にも、ブログには隠れ家的料理屋で食事をする際に、普段いるはずの介助スタッフがなぜかおらず、”身長150センチ台の女性”と2人っきりで食事。などなど、これまでネット上では様々な疑惑もあがっていました。
  

【スポンサードリンク】


  

マツコ・デラックス”も見抜いていた!

 今回週刊新潮の報道はかなり衝撃的ですが、かつてマツコ・デラックスさんが示唆的なコメントをしていたのです。

 彼女によると、「乙武洋匡さんは清廉潔白なイメージがあるようだが絶対そんなことはない。」「ホントにただの良い人ならば、この世界でこれまで生き残れてきたはずがない。」とのこと。これはインタビューではありませんが、以前から本質を見抜いていたのですね。

 ちなみに、マツコさんは乙武さんとそれほど関わりは深いわけではないとのこと。週刊誌発売前にネットのニュースで情報が流れたのですが、発表時に話題となりそうな過去の発言として掘り返されたようです。

 今回の報道で、誠実、聡明といったイメージが失墜することは確かでしょう。なにせ愛人関係にあったのは5人。さらには”ダミーの男性も用意しての旅行”という徹底ぶり。

 3、4年前に不貞関係があったタイミングにも新たに娘が生まれていたことになり、事実を知った方は驚きを隠せないでしょう。これまで様々な活動を経て信頼を築いてきたのに、壊すのはまさに一瞬。2016年に入ってから本当にこのような騒動が多いですね‥

 週刊誌もこういったネタが売り上げを爆発させることも理解しているでしょうし、不倫に関してのリサーチをこれまで以上に強化しているはず。やましいことを抱えている有名人の方は注意が必要です・・

  

【スポンサードリンク】


  

Pocket

 

ピックアップ記事

  1. 【危険!】液体入りスマホケースの液漏れで”化学熱傷”という火傷になる恐れあり。メーカーは医療費を出すものの‥
  2. 上海ディズニーランド開園!ツアー予約はJTBに期待しよう
  3. 【即効性あり!】二の腕ダイエット方法を短期間でマスターして”タプタプ振り袖”から卒業しよう

人気記事

PAGE TOP