イベント

名古屋市農業センターしだれ梅まつりの開花状況と見頃時期を確認。今年は土日に満開になるかも!?

Pocket

 2016年も花見の季節がやってきましたね!一足先に始まるのは梅。名古屋市農業センターしだれ梅まつりは毎年30万人もの観光客が訪れる人気イベントです。もちろん地元の方の定番デートスポットでもあります。満開になるまでの開花状況と見頃時期をチェックしましょう!
  

【スポンサードリンク】


  

2016年度名古屋市農業センターしだれ梅まつりの開花状況と見頃時期

 まずは名古屋市農業センターしだれ梅まつりの開催日程について。開催時期は2016年2月25日~3月21日。(※今年は暖冬のため2月11日~3月6日へ変更となりました!ご注意ください!)開催時間は下全9:00~夕方16:30になっています。入場料は無料!

 2月25日現在の開花状況はどれくらいかというと、5~7分咲きの状態。昨年の見頃時期のデータでは、3月8日頃が7分咲きで、まだ株と蕾だけのものが混在している状況でしたので、暖冬の影響がかなり強く出ているようです。

 そして、満開になるのは3月に入ってすぐでしょうか?2016年は3月6日で終わってしまうそうなので、あまり長い間は楽しめないかもしれません。臨機応変に予定を変更していただければ助かるのですが・・
 

■穴場的な見どころについて
 名古屋市農業センターしだれ梅まつりでは、ピンクの梅、白梅、ロウ梅を始めとする12種類で700本もの種類が楽しめますが、穴場なスポットとしては「菜の花畑」。梅園とは離れている牧場の近くにあるのですが、菜の花畑にも梅がありまる。開花状況に合わせて菜の花も満開となり、ピンクと黄色の美しい風景を楽しむことができます。

 
■食事は出店屋台で!
 名古屋市農業センターしだれ梅まつり期間中は、入場口の辺りに、食事のための東海グルメの出店屋台ができます。お茶・五平餅・飛騨牛串・ハチミツなど盛りだくさん。他にも、現地の大学生とコラボした名古屋コーチンを使う”アイス”や”コロッケ”にも注目です!運がよければ移動屋台で石釜をのせた”ナポリピザ”に出会えるかも。

 ただ、一番人気の出店屋台の名物は意外にも”焼き芋”。普通のものとは違い、スイートポテトに近い粘りがあるのが特徴です。食事を取る際は売り切れてしまう可能性もあるので早めに”なごやか市場”に向かいましょう。
  

【スポンサードリンク】


  

アクセス情報&駐車場情報

■電車
 電車をご利用の方は、アクセスは全部で3通り。
①地下鉄舞鶴線”平針駅”から歩いて20分→
②”平針駅”を下車。名鉄バス祐福時行きに乗り、”荒池”で下車→徒歩7分
③”平針駅”を下車。市バス”地下鉄原”行きに乗り、”農業センター北”で下車して徒歩5分です。

 
■車
 名古屋第二環状道”上田IC”で下車し、国道302を走行。県道56号を経由した後10分ほどで到着です。

地図はコチラ↓

 名古屋市農業センターでは有料駐車場の利用が可能です。しだれ梅まつりの開催期間中の、午前8:45~夕方16:30になるので、開園の15分前から利用可能ということになります。

 ホームページによると、料金は時間制でなく、1回につき普通自動車が500円。バイク、原付は150円です。(第①駐車場が190台、第②駐車場が34台分利用できますが、この時期は早めに埋まってしまうことが多いので余裕を持って利用しましょう。)

 到着が遅れてしまう場合は、駐車場が満車になってしまう可能性も高いです。特に見頃時期が満開の場合は、電車を使った移動を選択した方がよいかもしれませんね!

  

【スポンサードリンク】


  
 名古屋市農業センターしだれ梅まつりの情報については以上になります!2016年度はどのような満開の様子を見せてくれるのか、期待したいところですね!

 学生の方は今春休みでしょうし、ご自分たちの行きたい開花状況の見頃時期に合わせてどんどんデートスポットとして活用してください!食事に関しても便利な出店屋台があるので近隣の食事どころを探す必要がないので便利なスポットになります。

Pocket

 

ピックアップ記事

  1. 【危険!】液体入りスマホケースの液漏れで”化学熱傷”という火傷になる恐れあり。メーカーは医療費を出すものの‥
  2. 上海ディズニーランド開園!ツアー予約はJTBに期待しよう
  3. 【即効性あり!】二の腕ダイエット方法を短期間でマスターして”タプタプ振り袖”から卒業しよう

人気記事

PAGE TOP