エ ン タ メ

ベッキーの週刊文春第5弾は前号の内容全文から考えると期待はできないかも‥

Pocket

 現在話題になっているベッキーさんの一連シリーズ続編の”週刊文春第5弾”。第4弾の発売前はかなり期待がされてましたが、いざ発売日となると記事内容全文は”LINEやりとり” ”ホテルでの2ショット写真画像” ”センテンス・スプリング”と比較するとインパクトの少ないものなりました。次号は一体どのようなものになるのでしょうか‥?

 

第4弾の内容全文に落胆の声

 第3弾の衝撃はすさまじいものでした。ゲス極川谷絵音さんの不倫騒動について、当初は清楚系とも言われるベッキーさんがそのようなことをするはずはないとも言われていたのです。芸能界歴が長いのこれまでスキャンダルが皆無だったたことで、”LINEやりとりが捏造では?”との発言もネットでは多数見られるほど。

 そのため、第3弾での会見について”友達という体を貫き通す” ”センテンススプリング!”などという発言が流出。直後に捏造でないことの裏づけとなる”クローンiPhone”の存在が一気に世に広まり不倫が事実だということが確定してしまいました。

 さらには週刊文春は大きなスキャンダルの時には1週間ごとに情報を小出しにして売り上げ部数を稼ぐと言われているというように回を増すごとにその内容は過激に。当然第4弾への期待は高まったわけです。特に週刊誌は発売日の明け方にはコンビニに並ぶので、ネットでは夜中の間中、文春をゲットして内容全文を教えてくれる人のことを心待ちにしている流れになりました。

 そんな中での第4弾の新情報といえば新たなLINEのやり取りや写真画像の存在は無く、その内容全文は”2人の馴れ初め” ”苦しいときは励ましあう” 新名言は”レッツポジティブ”というものだったため、話題性にはイマイチ欠けてしまったのです。そのため、”センスプより弱い” ”これは次号の第5弾への布石と捉えるべきか?” というようにネットユーザーの反応も微妙なものでした。

 

週刊文春第5弾:ベッキーの新情報はどうなる?

 現在言われているのは、第4弾は次号に向けての”タメの回”。つまり、一旦小休止を挟むことで第5弾にもっとスゴイベッキーさんと川谷絵音さんのネタを持ってくるのでは?との期待がかかっているということです。

 ただ、それについては第4弾の週刊文春の中吊り広告のキャッチコピーを見るとそれほど期待できるようなものでは無いことが分かります。そのコピーとは、”本誌が掴みながらも書かなかった禁断情報”というものでした。このフレーズを持ってくるということは、これまで小出しにしてきた情報の”完結編”という意味合い以外のことは考えられないでしょう。

 現在もベッキーさんはCM契約は全て白紙に。さらにはレギュラー番組を次々降板し、休業宣言。事実上”引退に向けての準備”と言っても過言ではないでしょう。2月に入ると最初のスクープからも既に1ヶ月という期間が経過していることになり、さすがにスキャンダルとしては飽きられる頃。

 だとすれば、売り上げを伸ばすために一番のネタを持ってくるならば、第4弾のタイミングの1月28日が最適だったに違いありません。週刊文春第5弾があるとすればある程度は話題になるとは思います。発売日は毎週水曜日か木曜日になるので2月3日か2月4日になると思われますが、過度な期待は止しておいたいいかもしれませんね。

Pocket

 

ピックアップ記事

  1. 【危険!】液体入りスマホケースの液漏れで”化学熱傷”という火傷になる恐れあり。メーカーは医療費を出すものの‥
  2. 上海ディズニーランド開園!ツアー予約はJTBに期待しよう
  3. 【即効性あり!】二の腕ダイエット方法を短期間でマスターして”タプタプ振り袖”から卒業しよう

人気記事

PAGE TOP