エンタメ

岡本夏生vsふかわりょうの”ガチハル喧嘩内容まとめ”から原因は心の闇の深さだと分かる

Pocket

行方不明だった岡本夏生さんが4月11日のガチハルのイベント出演に間に合うも、本番中にふかわりょうさんと大喧嘩。その内容がネット上にまとめられているようですが、どう見ても心身を病んでいるとしか思えないのです。
  

【スポンサードリンク】


  
 

岡本夏生vsふかわりょうの”ガチハル喧嘩内容まとめ”

■ガチハルイベント開始

イベント開始すると、まずは平野ノラさんが現れ、しばらくした後に岡本夏生さんも出演。客と握手しつつ会場を練り歩きます。

ふかわりょうさんは”どの面下げて出てくるんでしょうか?”とコメントするもまさかのスッピン普段着。

次いで内藤聡子さんも出演。岡本さんが来ないことを想定していたため5分ほどで退席。

 
■行方不明に関して

行方不明で音信不通だった原因は携帯をなくしたからだと言い張る岡本夏生さんに対し、ふかわりょうさんは打ち合わせをしなかったことが悪いと水掛け論。

■5時に夢中降板理由について。

ふかわりょうさんの説明では”圧力”はなかったものの、スタッフが岡本さんを支えきれなくなったことが原因。もともと過激キャラが売りではあったが、スタッフはいつも各方面に謝罪していた。尻拭いをしてくれたスタッフに感謝の念が無いと叱責。

これに対し岡本さんはいつも感謝していたと反論。過激発言は求められるからやっていたのにお荷物扱いは心外。これまでの4年半は何だったのか?ふかわさんと仕事するのは今日で最後。今後はもっとコントロールしやすい人とやれば?と吹っかける。

ガチハル喧嘩は8時になっても続き、あまりに険悪すぎることが原因でゲストとして登場するはずだったハコちゃんが出演中止。

イベント中は終始悪い雰囲気で、客席からも野次が飛んだり途中で退出するお客さんの姿も。

当日ガチハルイベントを見に行った方々からも驚きのコメントがありました。まとめてみたので見ていきましょう。

  

【スポンサードリンク】


  

ふかわさんと夏生さんが1時間半大げんか。明日は夏生さん来ないでしょう。

多分修復は不可能な。怒って帰る人もいましたが、芸能史的に貴重なものを見ました。岡本夏生さんはこのまま伝説になりそうな。

岡本夏生さんイベントに来たけどかなりヤバかった。もう彼女を擁護することはないな。そしてふかわさんの事がもっと好きになりました

あの中で何とか笑いを生み出そうとするふかわさん。観に来てくれたお客さんの為に重い空気を変えるのに必死だったと思う。そのおかげか何度か持ち直したのにあんな終わり方で幕を閉じたのは残念

 

原因は心の闇か

喧嘩内容のまとめをみると、どう考えても岡本夏生さんの情緒不安定さが垣間見えます。まず、携帯なくしたから連絡取れないなど社会人としてありえません。

彼女はかつて抜群のプロポーションで人気がありましたが、若い頃だけできる仕事内容が減ってきてからどうやら劣等感に苛まれているようです。

かつては杉本彩さんと似ていると比較対象とされましたが、活き活きとしている杉本さんに対し、岡本夏生さんは自虐的なキャラで見た目の劣化を嘲笑したり、表情もいつもどこか冴えません。

その後は過激キャラに路線変更しますが、素の自分ではないことをやり続けるのは精神的にもかなり負担がかかります。

かつて香里奈さんへのニャンニャン問題発言があったときも、クビになりそうだったもののふかわりょうさんが「岡本さんクビになるなら自分もやめる」と庇ってくれたにも関わらずこれほどの暴言を吐いてしまうのは不通の神経では考えられません。心身の調子が悪いことは決定的でしょう。

かなり過激な喧嘩内容だったため、12日、13日も出演するはずだったのですが急遽降板決定。

12日にはシークレットゲストだった女優・美保純さんと、アナウンサー・内藤聡子さん。13日にはフリーアナウンサー・上田まりえさん、お笑い芸人・平野ノラさんが出演することとなりました。

2人のケンカに関しては、今後も各方面から注目を浴びそうですね・・
  

【スポンサードリンク】


  

Pocket

 
PAGE TOP