ニュース

ホークスタウンモール閉店…HKT48劇場も閉館に伴い退去へ。

Pocket

 ヤフオクドームのすぐ隣にあるホークスタウンモールの閉館が発表されました。理由は新たに商業施設を建てる再開発のため。現在営業しているHKT48劇場や飲食店なども合わせて閉店するとのことです。ファンの方に取っては楽しい時間を過ごした思い出の場所…寂しくなってしまいますね。

  

ホークスタウンモールが再開発で閉館。HKT48劇場も閉店へ…

 

 所有権を持つ三菱地所によると、ホークスタウンモールが再開発を理由に閉館するのは2016年の春以降。今ある建物を取り壊し、数年先の完成を目指して新施設を開業します。これに伴い、HKT48劇場や映画館は閉店。ただ、ライブハウスとして有名な”Zepp福岡”だけは2016年の5月8日まで営業は続きます。

 ホークスタウンモールは元々は1993年に開場した福岡ドームのそばに作られるはずだったアミューズメントドームの計画がバブル崩壊の経営不振になったために、建設予定地への代替案として作られたショッピングモールです。

 営業開始したのは2000年の春。「MALL1」と、2005年にオープンした「MALL2」の2ヶ所によって構成されていました。このうちのMALL2は当初はスポーツやリゾートをテーマとして天然温泉からなる銭湯や屋内でのフットサル施設がウリだったのですがいずれも閉店。2011年からはHKT48劇場がテナントとして入り収入源を支えていました。

 このショッピングモールに関しては、前々からテナントがどんどん閉店していることから、常連客の方が「ゴーストタウン化してしまった」不安に思っていたようです。特に家族連れがよく利用されるおもちゃ屋の「トイザラス」が閉店してしまったときはかなりの波紋があったようですね。

 今回の閉館発表によって、テナントが多数店じまいしシャッター通りのゴーストタウンになったのにはホークスタウンモールの再開発が理由だということを聞いて安心された方も多かったのではないでしょうか?地元の方はもちろん全国各地からHKT48劇場に訪れていた方からすると不便で仕方ありませんが、さらにパワーアップした施設がオープンすることに期待しましょう!

Pocket

 
PAGE TOP